冬(12月・1月・2月)に堤防釣りで釣れる魚を、一覧にしてまとめてみました。

地域によっても釣れる魚は微妙に違うかと思いますが、狙い目のポイントなども紹介しているので、よかったら堤防釣りをする際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

冬(12月・1月・2月)の堤防釣りで釣れる魚

冬(12月・1月・2月)の堤防釣りで釣れる魚を、よく釣れる魚、まあまあ釣れる魚、多少は釣れる可能性がある魚の3つに分けて紹介しています。

その堤防や地域によっても違いはあるかと思いますが、よかったら参考にしてみてください。

冬の堤防釣りでよく釣れる魚

メバル

メバルは冬~春にかけて堤防釣りでよく釣れる魚で、寒い時期の方が釣れる可能性が高くなります。
メバルはもともと暑いのが嫌いな魚なので、逆に夏などの水温が高くなる時期では釣れにくくなってしまいます。
産卵期は真冬の寒い時期とされていて、産卵後で体力が低下している状態だと活性も低くなって冬でも釣れにくい場合があります。
それとメバルは夜の方が釣れる可能性が高く、常夜灯の付いている堤防などが狙い目となります。
その他には、岩場、テトラ、藻が生えているポイントなども狙い目です。

カサゴ

カサゴは冬になると産卵のために接岸してくるので、12月・1月・2月は特に堤防釣りで釣れやすい時期となります。
夜行性の魚なので、夜になるとエサをを求めて活発に動き回ったりもします。
しかし、昼間は岩場やテトラなどに潜んでいることが多いです。
なのでポイントとしては、岩場、テトラの中、岸壁などが狙い目です。

アイナメ

アイナメは冬頃が産卵期とされていて、冬(12月・1月・2月)になると浅瀬にやってくるため堤防釣りでもよく釣れるようになります。
堤防から狙う場合は、真下などに仕掛けを落とした方が効率よく釣れる場合が多いです。
それと昼に活発に動く魚で、夜になると動きが鈍くなって活性も低くなるため釣れにくくなります。
夜でも全く釣れないということはないですが、狙うならやはり昼間のオススメです。
ポイントとしては、根魚なので岩礁帯やテトラなどの障害物がある所などは狙い目です。

ヒラメ

ヒラメは堤防釣りでも基本的に1年中釣ることが出来ますが、真冬の寒さの厳しい時期だと釣れにくい魚ではあります。
しかし、初冬となる11月・12月にかけてはヒラメはよく釣れる時期とされています。
時間帯は朝マズメや夕マズメが狙い目ですが、昼間はもちろん夜でも釣ることが出来ます。
ポイントとしては、砂地のサーフが代表的なポイントとなっています。
その他には、ゴロタ浜などのエサが多いポイントも狙い目です。

カレイ

カレイは冬(12月・1月・2月)などの寒い時期によく釣れる魚で、11月下旬~4月頃にかけて堤防などでよく釣れるようになります。
時間帯は朝マズメや夕マズメが狙い目ですが、昼間でも急にたくさん釣れだすことがあります。
砂地の海底に生息する魚なので、そういった砂地になっているポイントが狙い目です。

ボラ

ボラは基本的に1年中釣れる魚ですが、旬は秋~冬頃と言われています。
特に冬(12月・1月・2月)のボラは寒ボラと呼ばれ、脂がのってきもっとも美味しくなる時期です。
しかし、ボラには海底の泥と一緒に微生物を食べる習性があるので、生息している地域によっては臭みが強い場合もあります。
ですが冬になると臭みがだんだん抜けてきて、美味しく食べられるということも多いです。
それに、ボラは昼間だと普通に堤防釣りで魚の姿を見ながら釣れたりします。

クロムツ

クロムツは1年中釣れる魚ですが、秋~冬にかけてがよく釣れる時期だとされています。
特に冬(12月・1月・2月)はクロムツが群れで接岸してくるため、釣果にはもっとも期待出来ます。
釣れる地域としては、北海道~太平洋の本州中部辺りまでと言われています。
堤防からはルアーやサビキ釣りなどで狙えて、夜釣りでも釣ることが出来る魚です。

サヨリ

サヨリは秋頃~春先にかけて浅瀬にやってくる魚なので、冬(12月・1月・2月)の堤防釣りでも十分に狙うことが出来ます。
また、サヨリは群れで泳ぐ習性があるため、堤防に入ってきさえしていれば釣果には期待出来ます。
しかし、回遊魚なので必ず群れが入ってくるとは限らないので、狙って釣るなら情報収集なども必要かもしれません。
狙い目のポイントとしては、堤防の潮通しが良いポイントや河口付近などです。

スポンサーリンク

冬の堤防釣りでまあまあ釣れる魚

スズキ(シーバス)

スズキ(シーバス)は基本的に1年中釣れる魚で、冬(12月・1月・2月)の寒い時期でも釣ることが出来ます。
しかし、冬は産卵のため深場に移動したりするのでかなり釣れにくくはなります。
ですが全ての個体が深場に移動する訳ではないので、全く釣れないということもありません。
冬の堤防からスズキ(シーバス)を狙う場合は、温排水が流れ込むようなポイントは狙い目です。
他にも小魚などのエサが集まりやすい岸壁や、夜だと常夜灯がつくような堤防でも狙えます。
それとスズキ(シーバス)は寒さには強い魚とされていますが、水温が下がると動きが鈍くなってルアーの早巻きなどでは釣れにくい場合もあります。

アジ

アジは基本的に1年中釣れる魚ですが、冬(12月・1月・2月)になるとだんだんアジは釣れにくい状況にはなってきます。
(ちなみに、アジのベストシーズンは6月~11月頃までと言われています。)
しかし、ポイントによっては冬でも釣れる可能性は十分にあります。
アジはプランクトンを捕食するので、冬の堤防釣りではそういったエサとなるプランクトンが豊富なポイントなどが狙い目となります。
それと時間帯は昼でも夜でも釣れますが、夜だったら常夜灯がつくポイントなどが狙い目です。

冬の堤防釣りで釣れるかもしれない魚

グレ(メジナ)

グレは磯で釣ることが多い魚ですが、堤防釣りでも釣ることが出来ます。
しかし、冬(12月・1月・2月)は堤防釣りでグレを狙って釣ることはかなり難しい状況ではあります。
ですが、磯が近くにあるような堤防では冬でもグレが釣れる可能性はあります。
グレ釣りのシーズンに堤防釣りでもよく釣れているようなポイントでは特に、冬でもその堤防ではグレが釣れる可能性は高くなります。
でもあまりたくさん釣れるということには期待出来ないですが、グレが釣れる磯が近くにあるような堤防では狙ってみる価値はあるかと思います。

タチウオ

タチウオが堤防から一番よく釣れるのは秋頃で、冬の寒い時期になると次第に接岸して来なくなるのでかなり厳しい状況になってきます。
ですが、九州などの温暖な地域では12月頃までタチウオが釣れ続ける堤防もあるそうです。
冬の堤防からタチウオを狙う場合は、夜の常夜灯周りなどが狙い目のポイントです。
また、朝マズメや夕マズメなども釣果に期待出来ます。
しかし、1月・2月になってくるとさすがに堤防釣りで釣れることはほぼありません。

チヌ

チヌは冬(12月・1月・2月)の寒い時期になると深場に移動するため、堤防からはほとんど釣れなくなります。
しかし、温排水などが流れ込むポイントで、冬でも水温が高くなっているようなポイントでは釣れる可能性が少し高くなります。
なので冬に堤防釣りでチヌを釣ろうと思ったら、そういった水温が高くなっているようなポイントを狙った方がよさそうですね。

アオリイカ

アオリイカは冬(12月・1月・2月)の寒い時期になるとそのほとんどが沖に行ってしまうので、堤防釣りではかなり釣れにくい状況になってしまいます。
ですが、もともと温暖な地域などでは冬でも釣れる可能性が多少はあります。
また、あまり数は釣れなくても釣れればサイズに期待出来るというのも、冬のアオリイカ釣りの特徴と言えます。
狙い目のポイントとしては、藻が生えているポイントやテトラ周り、夜だと常夜灯の周辺などです。
ですが、真冬になるとさすがに堤防から狙うのはかなり厳しい状況にはなります。

まとめ

冬は沖の方に移動したり活性が低くなる魚も多いので、堤防からの釣りでは釣れにくい時期と言えるかもしれません。

ですが冬は堤防からでは全く魚が釣れないという訳でもなく、上記で紹介したような魚は冬でも釣ることが出来ます。

ですがその堤防によって釣れる魚は微妙に違ったりするので、紹介した全ての魚が釣れるということはないかもしれません。

なので、その堤防では特にどの魚が釣れるのかを知り、ターゲットとなる魚をある程度絞って狙いを定めて釣る必要があるかと思います。

スポンサーリンク