通常のワインド釣法とはまた少し違う、スローワインド釣法という釣り方があります。

ですが、スローワインド釣法のことをよく知らないという方もまだ多いようです。

そこで今回は、スローワインド釣法のコツや特徴などについて分かりやすく解説していきたいと思います。

太刀魚は群れで回遊しているので、タイミングが合えば爆釣状態になることも十分に考えられます。

スポンサーリンク

スローワインド釣法のコツ

ワインド釣法というと、ロッドをしゃくって左右にダートさせる動きで魚を誘う釣り方です。

なのでスローワインド釣法というと、通常よりもゆっくりしゃくる釣り方だと勘違いされることが多いようです。

ですが実際はしゃくりの強さを変える訳ではなく、しゃくった後に少し間を与えてフォールする時間を作ってあげるのがスローワインド釣法の釣り方です。

そのためスローワインド釣法では、通常のワインド釣法とは違いしゃくりとしゃくりのアクションのあいだに少し間を与えてあげるというのがコツになります。

しゃくった後すぐにまた続けてしゃくるのではなく、少し間を与えることによって左右にダートさせる動きだけではなく、フォールの動きもアクションに加えることが出来ます。

それとドラグ設定は通常のワインド釣法と同様に、しゃくる時にジジッといって少しドラグが出るぐらいの緩さにしておくということもコツです。

ワインド釣法のロッドの動かし方が分からないという場合は、以下の動画を見ると分かりやすいかと思います。

しかし、この動画でやっているのは通常のワインド釣法です。

なのでスローワインド釣法にするには、基本的なロッドの動かし方は動画と全く同じですがしゃくりとしゃくりのあいだに間をおいて、少しフォールさせることを意識して間をおきながらしゃくるようにしましょう。

スローワインド釣法にオススメのセット

メジャークラフト ルアー ワーム ジグパラ ワインド スタートセット 3色SET 夜光ヘッド+各色 1/2OZ (14g) JPW-SET

夜光ヘッドにワイヤーリーダーもついていて、カラーも3色がセットになっています。
必要な仕掛けは全て揃っているので、これさえあればスローワインド釣法での太刀魚釣りが出来ます。

スローワインド釣法の特徴

通常のワインド釣法の場合は、左右にダートさせる動きで太刀魚を誘うことを意識した釣り方です。

ですがスローワインド釣法では左右の動きに加えてフォールもさせるので、より立体的に太刀魚のバイトを誘う事が出来るようになるというのが最大の特徴です。

太刀魚はもともとフォールの動きも好む魚だし、スローワインド釣法はフォールで食わせることも意識した釣り方だと言えます。

それにスローワインド釣法だと、より広範囲にわたって太刀魚がいる層を探ることが出来るようになります。

また、ワインド釣法の左右にダートさせる動きは強力な波動を生み出すので、活性の低い魚でもその波動に誘われて食ってくる可能性が高くなります。

スローワインド釣法の場合は通常のワインド釣法よりも動きが遅いので、活性の低い太刀魚でも追いかけるのをやめにくくなるため、見切られにくくなるとも考えられています。

スポンサーリンク