今回は鯛ラバの仕掛けのリーダーの結び方について解説していきたいと思います。

結び方が悪いとすっぽ抜けてしまったりするので、結び方はしっかりとマスターしておく必要があります。

スポンサーリンク

鯛ラバのリーダーとPEラインの結び方!

鯛ラバでのリーダーとPEラインの結び方については、FGノットという結び方が最もオススメです。

鯛ラバをしている人はほとんどの場合、リーダーとPEラインを繋ぐ結び方にはFGノットを利用しているとも言えます。

FGノットをするのが初めてだと、結構結び方がややこしいので練習が必要だと思います。

しかし難しすぎて出来ないという程ではないので、一度結び方を覚えてしまえばそんなに苦労しないでも結べるようになると思います。

FGノットのやり方については、YouTubeでも学ぶことが出来ます。

釣り動画で有名な釣りよかでしょう。でも、FGノットの結び方を非常に分かりやすく解説してくれています。

動画ではリーダーはナイロンのものを使っていますが、鯛ラバでは基本的にリーダーはフロロカーボンのものを利用するのがオススメです。

編み込む時に正確に編み込めていないと、結び目からすっぽ抜けてしまう原因になるので注意してください。

編み込む時はラインを軽く締め込みながら編み込むと、失敗しないで綺麗に編めるのではないかと思います。

それと動画では忘れていたと語られていますが、リーダーの先っぽも忘れずにライターで炙って溶かしてコブを作っておくと、実際に釣りをする時にすっぽ抜ける心配が少なくなります。

リーダーの先をライターで炙るタイミングとしては、ハーフヒッチをした後にリーダーを切った後です。

動画ではハーフピッチと言っていますが、正しくはハーフヒッチです。

この間違いは動画を見ている時は私は気づきませんでしたが、他の方のコメントを見て間違いが分かりました^^;

ハーフヒッチをした後にリーダーの不要な部分を切る際は、リーダーの長さは3ミリ程度残して切るようにしてください。

切った後はリーダーの先っぽをライターで炙ってコブを作っておきます。

ちなみにFGノットのハーフヒッチは交互に結ぶのが基本のようですが、動画と同じで私も片方だけでハーフヒッチをしています。

FGノットに自信がない場合は結び終わった後に手で少し強めに引っ張ってみて、強度は大丈夫かどうか一度確認するようにすると安心です。

スポンサーリンク

鯛ラバの仕掛けとリーダーの結び方!

鯛ラバの仕掛けとリーダーを繋ぐ結び方については、クリンチノットという結び方がオススメです。

クリンチノットの結び方については、こちらの動画を見ると分かりやすいかと思います。

クリンチノットは簡単だし早いので、鯛ラバのヘッドやネクタイの色などを変えたりする時にもあまり時間がかかりません。

それにクリンチノットは強度的にも十分なものがあります。

しかし不安な場合は手で強めに引っ張ってみて、すっぽ抜けないか確認するようにするといいかと思います。

それと鯛ラバをする際はたまにリーダーを触ってみて、傷が入ってないか確認するようした方がいいです。

なぜかというと、根ズレでリーダーが傷だらけになっているということがあるからです。

そんな状態で魚が釣れても、リーダーの部分が切れてせっかく釣れた魚をバラしてしまうかもしれません。

なのでリーダーがあまりにも傷ついている場合は、リーダーの傷が入っている部分を切ってから鯛ラバの仕掛けと結ぶようにしましょう。

スポンサーリンク