鯛ラバをするにあたって、リーダーの太さは何号を使えばいいのか迷う方も多いかと思います。

そこでこの記事では、鯛ラバのリーダーは何号を使うのがオススメなのか?

また、リーダーの長さはどれぐらいあればいいのかについて詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

リーダーの長さは何mぐらいがオススメ?

鯛ラバに使うリーダーの長さですが、釣りを始める段階では最低でも2m以上はとっておいた方がいいです。

その理由ですが、根ズレでリーダーに傷が入ったりするとその部分を切らないといけなくなったりするからです。

しかしリーダーが短いと切ってしまえばすぐにリーダーがなくなってしまうので、また一から結びなおさないといけなくなってしまいます。

かといってリーダーに傷が入ったまま使っていると、せっかく魚が釣れた時にリーダーが切れてしまう可能性が高くなります。

なので鯛ラバの場合は、リーダーの長さはあまり短くし過ぎない方がいいです。

それに鯛ラバではキャストをする必要があまりないので、キャストによってラインの結束部分が傷むということもありません。

鯛ラバでは、リーダーの長さを7m~8mとるという方もいるぐらいです。

ちなみに私の場合は、リーダーの長さは2m~3mにしています。

鯛ラバではリーダーを短くし過ぎてもあまりメリットはないので、リーダーの長さは2m以上にしておくのがオススメです。

スポンサーリンク

リーダーの太さは何号がオススメ?

鯛ラバに使うリーダーの太さですが、何号を使うのがオススメかはPEラインの太さによって変わってきます。

リーダーの強度に関しては、PEラインよりも強度が低いものを使うのが基本です。

その理由はPEラインよりもリーダーの強度が高いと、根掛かりした時などに高切れしてラインがほとんどなくなってしまう可能性があります。

しかしPEラインよりもリーダーの強度が低いと、ラインが切れる時にリーダーが切れるだけで済み、被害を最小限に抑えることが出来ます。

なので、リーダーは必ずPEラインよりは強度が低いものを使うようにしましょう。

鯛ラバでは、PEラインの太さは0.8号や1.0号を使う場合が多いかと思います。

PEラインの太さが0.8号ならば、リーダーの太さは3.0号。

PEラインの太さが1.0号ならば、リーダーの太さは4.0号。

PEラインの太さが1.2号ならば、リーダーの太さは5.0号を使うのがオススメです。

リーダーの素材に関しては、鯛ラバではフロロカーボンのものを使うのが主流となっています。

しかし鯛ラバに使うPEラインの太さは、0.8号~1.2号以外のものを使う場合もあるかと思います。

海域によっては、80cmを超えるような大きな鯛が結構な確率で釣れたりします。

また、青物が結構釣れる海域でもラインは太めのものを使った方が安心して釣りを出来ます。

そういった海域ではみんな大物を狙っているので、PEラインに0.8号を使っていた人はラインが細くて船長に驚かれていました。

ちなみに私の場合、始めはPEラインが0.8号でリーダーには3.0号のものを使っていました。

ですが現在はPEラインを1.0号にして、それに応じてリーダーも4.0号のものに変更しました。

鯛ラバに使うPEラインの太さは海域によっても変わってきますが、1.2号あれば大抵大丈夫だと思います。

スポンサーリンク