鯛ラバロッドの中でも特に人気が高い、おすすめのロッドを一覧にしてまとめました。

それぞれの特徴などについても詳しく書いているので、鯛ラバロッドを選ぶ際に少しでも参考にして頂ければと思います。

鯛ラバロッドの上位機種については、本当に鯛ラバが好きな場合には検討してみるのもいいかと思います。

スポンサーリンク

人気の鯛ラバロッド一覧

タイラバ ロッド 紅牙X 69XHB(ダイワ)

ダイワ(Daiwa) タイラバ ロッド 紅牙X 69XHB

全長:206cm
標準自重:128g
継数:2ピース
適合ルアー重量:60g~150g
適合PEライン:0.6号~1.5号

カーボンソリッドティップを採用しているため、穂先が柔軟で食い込み性能に優れています。
また、ロッドのネジレを抑える強化構造「ブレーディングX」も採用しているためバットパワーもあります。
紅牙Xの69XHBは60g~150gの鯛ラバに適したモデルなので、速潮やディープエリアの攻略にも対応出来ます。
価格的にも結構手頃なので、ダイワの鯛ラバロッドの中ではかなり人気があります。


炎月 BB 鯛ラバ B69M-S 6.9フィート(シマノ)

シマノ ベイトロッド 炎月 BB 鯛ラバ B69M-S 6.9フィート

全長:6.9フィート(約206cm)
標準自重:95g
継数:2ピース
適合ルアー重量:30g~100g
適合PEライン:MAX1.0号

価格は抑えられていますが、上位機種と比べても遜色がないぐらいの性能があります。
それに等速巻きをしやすい設計になっているので、初心者にもオススメの鯛ラバロッドだと言えます。
重量としては、40g~130gの鯛ラバに適したモデルとなっています。
コストパフォーマンスが高く、シマノの鯛ラバロッドのなかでは人気が高いモデルです。


ソルパラ タイラバモデル SPJ-B66ML/TR 6.6フィート(メジャークラフト)

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド ソルパラ タイラバモデル SPJ-B66ML/TR 6.6フィート

全長:6.6フィート(約198cm)
継数:1ピース
適合ルアー重量:MAX100g
適合PEライン:0.6号~1.2号

鯛ラバのロッドとしては価格も安く、初心者が入門用に購入したりサブロッドとしても人気の高いロッドです。
私が船でロッドの貸出を利用した際に、船長が貸してくれたのがこのソルパラのロッドでした。
上位機種に比べるとやはり性能は少し劣ると思いますが、十分に魚を釣りあげることは出来ます。
私自身もこのロッドを使った時は、問題なく魚を釣り上げることが出来ました。
このロッドは60g~80gの鯛ラバをメインに使うのに適したモデルで、適合ルアー重量のMAXは100gとなっています。


カブラバ真鯛 190ML KRM190ML(プロックス)

プロックス カブラバ真鯛 190ML KRM190ML

全長:190cm
標準自重:176g
継数:2ピース
適合ルアー重量:40g~180g

鯛ラバロッドとしてはかなり価格が安く、入門用やサブロッドとしても人気の高いロッドです。
少し硬めのロッドですがそれほど感度は悪くはなく、十分に魚を釣り上げる性能があります。
重量は40g~180gまで対応しているので、かなり重たい鯛ラバでも使用することが出来ます。
そのため、ディープエリアでの鯛ラバにも対応出来る鯛ラバロッドとなっています。


ジャイアントキリング 鯛ラバソリッド GKJ-B69HTR/S(メジャークラフト)

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド ジャイアントキリング 鯛ラバソリッド GKJ-B69HTR/S

全長:6.9フィート(約206cm)
継数:1ピース
適合ルアー重量:MAX150g
適合PEライン:0.6号~1.5号

ソリッドティップとクロスフォース製法が採用されているので、柔軟でフッキング率が高いうえにバットパワーもあります。
鯛ラバロッドとしては中間ぐらいの機種で、コストパフォーマンスもいいです。
MAX150gなのでディープエリアでの鯛ラバにも適していて、100g以上の鯛ラバをメインにする場合にもオススメです。
それと個人的には、ジャイアントキリングという名前もかっこいいと感じています^^

鯛ラバロッドの人気上位機種一覧

タイラバロッド 紅牙 EX AGS N65MB THRILL GAME(ダイワ)

ダイワ(Daiwa) タイラバ ロッド 紅牙 EX AGS N65MB THRILL GAME

継数:2ピース
適合ルアー重量:20g~150g
適合PEライン:0.5号-1.5号
感性領域設計システム
スーパーメタルトップ
エアガイドシステム

鯛ラバロッドの中でも最上位と言えるモデルで、鯛ラバ好きのための超高性能なロッドとなっています。
その特徴はなんといっても、驚くほどの感度の高さだと思います。
このロッドの感度の高さは、まるですぐそばに魚がいるかのようにすら感じてしまいます。
それぐらいに魚のアタリを鮮明に感じることが出来る、超高感度の鯛ラバロッドとなっています。
重量としては20g~150gまでの鯛ラバに適していて、かなり幅広く対応しているのでディープエリアでの鯛ラバにも使えるのも特徴です。


炎月 プレミアム 鯛ラバ B69ML-S 6.9フィート(シマノ)

シマノ ベイトロッド 炎月 プレミアム 鯛ラバ B69ML-S 6.9フィート

全長:6.9フィート(約206cm)
標準自重:130g
継数:2ピース
適合ルアー重量:MAX100g
適合PEライン:MAX1.0号

シマノの鯛ラバロッドの上位機種で、最高峰の実力を備えています。
ロッドのバランスも良く、ロッドブレが少ないため等速巻きをより正確にしてくれるのも特徴です。
重量のMAXは100gとなっているので、水深が比較的浅いポイントで鯛ラバをする場合にはかなりオススメのロッドです。


ラグゼ 桜幻 鯛ラバー B68L-ソリッドR(がまかつ)

がまかつ ラグゼ 桜幻 鯛ラバー B68L-ソリッドR (タイラバロッド)

全長:6.8フィート(203.5cm)
標準自重:122g
継数:2ピース
適合ルアー重量:40g~100g
適合PEライン:0.5号~1.2号

がまかつの鯛ラバロッドの中でも上位のモデルで、かなり高性能のロッドとなっています。
穂先部には超高感度、高強度のカーボンソリッドを採用しているのでかなり感度も高いです。
重量としては30g~80gの鯛ラバに適しているモデルなので、ディープエリアでの鯛ラバにはあまり向いていません。
ですがこのロッドの性能の高さは、鯛ラバという釣りのゲーム性を必ず高めてくれるはずです。


エラディケーター セブンスペシャル ESSC-74M120-FS-Limited.(アブ・ガルシア)

Abu Garcia(アブ・ガルシア) エラディケーター セブンスペシャル ESSC-74M120-FS-Limited.

全長:7.4フィート(223.5cm)
標準自重:177g
継数:1ピース
適合ルアー重量:100g~250g
適合PEライン:MAX2.5号

アブ・ガルシアの鯛ラバ専用ロッドです。
完全カーボンフルソリッドを採用しているので、掛かり易くバレにくくなっています。
このロッドの一番の特徴は、ウエイトがMAX250gの鯛ラバまで扱えるということだと思います。
100g~250gの鯛ラバに適したモデルなので、ディープエリアでの鯛ラバに向いているロッドだと言えます。
それにかなり重たいルアーでも扱えるため、インチクやメタルジグをするのにも使うことが出来ます。

まとめ

鯛ラバのロッドもたくさんあるので、選ぶのにはかなり迷いますよね。

実際に鯛ラバをするポイントの水深の深さなどによっても、選ぶロッドはまた変わってくるかと思います。

ディープエリアでも鯛ラバをするのであれば、対応重量はMAX120gぐらいは扱えるロッドを選んだ方が安心だと思います。

また、鯛ラバロッドには継数が1ピースのものと2ピースのものがあるので、その点も注意しておきたいところです。

それらの事も踏まえた上で後悔しないように、しっかりと検討してから鯛ラバロッドは選ぶようにしたいものですね。

スポンサーリンク