鯛ラバでは、基本的なテクニックを知っておかないとなかなか釣果は上がりません。

なので、最低限この記事で紹介するテクニックは知っておいた方がいいです。

鯛ラバのテクニックをマスターして、どんどん釣果を上げてステップアップしていきましょう。

スポンサーリンク

鯛ラバのテクニック

・竿先がブレないようにする

巻き上げの時に竿先がブレてしまうと、鯛ラバの仕掛けが上手に動きません。
そのため鯛ラバでは、巻き上げの時に竿先がブレないようにしっかりと固定することも重要です。
巻き上げの時は竿先を下に向けておいた方が、竿先がブレにくくなります。

・底に着いたらすぐに巻き上げを開始する

フォール中でも魚は、仕掛けが落ちていくのを追いかけていたりします。
しかし仕掛けが底についてから止まったままでいると、魚が餌じゃないと判断して見切ってしまったりします。
その後に巻き上げをしたとしても、魚は反応を示さなくなることが多いです。
なので鯛ラバでは、底に着いたらすぐに巻き上げを開始するのが基本です。
仕掛けが底に着いたのが分かったら、少しでも早く巻き上げを開始するように心掛けましょう。

・一定の速度をキープして巻き上げる

鯛ラバでは、一定の速度をキープして巻き上げをおこなうのが基本です。
一定の速度をキープして巻くことによって、ネクタイが上手くなびいて動くからです。
逆に一定の速度をキープして巻かないと、ネクタイが上手いこと動きません。
なので巻き上げの時は、必ず一定の速度をキープして巻くようにしましょう。
巻き上げスピードに関しては、その時の状況によって遅い方が魚の反応が良かったり、速い方が魚の反応が良かったりします。
なので魚の反応が全くないようなら、巻き上げのスピードを少し変えてみたりするといいかと思います。

・アタリがあっても一定速度で巻き続ける

鯛は仕掛けにいきなり食いつかずに、ちょっとだけ噛んでみて食べれるかどうか確認をしたりします。
そのアタリの段階で焦って巻き上げのスピードを変えたりすると、鯛が違和感を感じて食べるのをやめたりします。
なのでアタリがあってもすぐに合わせずに、そのまま一定の速度で巻き続けるようにした方がいいです。
それに鯛ラバでは、こちらから合わせなくても魚が完全に食いついて下を向くことによって自然とフッキングします。
なので完全に魚が食いついてから合わせる場合でも、本当に軽く合わせるだけでいいです。

・船が流される状況では巻き上げスピードを遅くする

また、潮の流れが速く船が流される状況下においては、巻き上げスピード以上に水中では鯛ラバの仕掛けが速く動いていたりします。
なので船が流される時は、巻き上げスピードを遅めにした方が魚の反応が良かったりします。

・遊動式のヘッドを使う

現在は鯛ラバのヘッドは遊動式のものばかりになっていますが、以前は鯛ラバのヘッドは固定されていました。
しかし鯛ラバのヘッドが固定されていると、大きい魚が釣れた時に針が折れたり曲がってしまうということが多発していました。
その原因はヘッドが固定されていると掛かった魚が頭を振った時に、振り子の原理で針に強い負荷がかかってしまうことでした。
その傾向は、ヘッドが重たければ重たいほど強かったです。
ですがヘッドの部分が遊動式になってからは、掛かった魚がバレるということも激減しました。
なので鯛ラバのヘッドは、必ず遊動式のものを使うようにした方がいいです。

スポンサーリンク

セブンスライドの宮崎船長による鯛ラバ秘伝テクニック

セブンスライド開発者の宮崎船長も、鯛ラバでのテクニックを動画で分かりやすく解説してくれています。

宮崎船長は鯛ラバにかなり詳しい方なので、非常に参考になる動画となっています。

この動画を見るだけでも、鯛ラバの基本的なテクニックがしっかりと学べると思います。

片山悦二の鯛ラバテクニック

徳島の片山悦二さんが、紅牙を使って鯛ラバテクニックを紹介してくれている動画です。

この動画で珍しいのは、フォール中のアタリをとるコツとしてフォール中に少しサミングする方法を解説していることだと思います。

鯛ラバではほとんどの人が、フォール中はフリーの状態で落としていると思います。

しかしフォール中に少しサミングをしてアタリをとるという方法もあるということで、一度動画を見ておくといいかと思います。

スポンサーリンク