鯛ラバは基本的に船に乗ってするイメージが強いですが、堤防から鯛ラバの釣り方をしても魚は釣れます。

堤防から鯛ラバをするための専用の商品もあって、ショアラバやキャスラバなどと呼ばれています。

堤防からの鯛ラバでも、真鯛はもちろんいろんな魚を釣ることが出来ます。

ダイワ メタルジグ 紅牙 キャスラバー フリー 30g 黄金オレンジ

堤防での鯛ラバの釣り方

堤防から鯛ラバをする場合の釣り方は以下のような流れになります。

1.キャスティングをする

2.仕掛けを底まで沈める

3.着底したらすぐに等速巻きを開始する

※水深の深さがあるポイントでは、ある程度等速巻きをした後に仕掛けをまた底まで沈めて、それからまた等速巻きをするという2と3の動作を繰り返してもいい。

基本的には船での鯛ラバと同じような釣り方ですが、堤防からの鯛ラバの場合はキャスティングをして出来るだけ遠投をするようにした方がいいです。

そのため船での鯛ラバで使うロッドとは違い、堤防からの鯛ラバではそれなりにバッドパワーがあるロッドを使う必要があります。

ヘッドの重量に関しては、キャスティングをしないといけないのであまりにも重量が重た過ぎるものじゃない方がいいです。

それとキャスティングをして鯛ラバの仕掛けが底に着いたら、出来るだけ早く巻き上げを開始することも重要です。

魚は仕掛けがフォールしていくのを見ていたりもしますが、仕掛けが底に着いたまま止まっているとエサじゃないと判断して見切ってしまう場合があります、

それに着底したらすぐに巻き上げを開始しないと、根掛かりの原因になってしまったりもします。

それと鯛ラバでは等速巻きをしないとネクタイが上手く動かないので、堤防から鯛ラバをする場合でもしゃくりなどのアクションはしないでやはり等速巻きをしなければいけません。

巻き上げスピードに関してはその時の状況によって速い方が良かったり遅い方が良かったりするので、アタリが全くないようなら巻き上げスピードを変えてみるのもいいです。

それともし魚のアタリがあったとしても、合わせなどを入れないでそのまま等速巻きを続けるようにしましょう。

その理由ですが、アタリがあったとしても魚はまだネクタイの端っこをかじっているだけの場合がほとんどだからです。

魚のアタリがきた瞬間に合わせを入れたり巻くのを止めてしまったりすると、最悪魚に見切られてしまう可能性もあります。

しかしアタリがきても等速巻きを続けることによって、こちらから合わせを入れなくても釣れる時は魚の方から自然とフッキングしてくれます。

でもフォール中に魚が食ってきた場合は、針がまだしっかりとフッキングしていない可能性が高いので軽く合わせを入れるようにした方がいいです。

スポンサーリンク

堤防での鯛ラバのポイント選び

堤防から鯛ラバをする場合は、ポイント選びも重要になってきます。

鯛はどこの堤防からでも釣れるという訳ではないからです。

なので堤防から鯛ラバをして鯛を釣りたい場合は、あらかじめ鯛が釣れるポイントを調べておく必要があります。

それと堤防からの鯛ラバでも、仕掛けが着底したら等速巻きをしていく必要があります。

そのため、水深があまりにも浅いポイントだと鯛ラバをするのは難しいです。

なので堤防から鯛ラバをする場合は、それなりに水深の深さもあるポイントじゃないといけません。

それと真鯛は潮通しの良い場所を好む傾向があるので、真鯛を狙うなら出来るだけ潮通しの良いポイントを確保することも重要です。

堤防で潮通しのいいポイントと言えば、堤防の先端などは典型的な潮通しの良いポイントと言えます。

堤防での鯛ラバのコツ

堤防から鯛ラバをして魚を釣るコツとして、カーブフォールを利用するのも効果的です。

カーブフォールというのはキャスティングをして着底した後にある程度等速巻きをして、もう一度仕掛けを底まで沈める時にラインに一定のテンションをかけた状態でフォールさせることです。

ラインにテンションをかけた状態でフォールさせることによって、直線的に沈むのではなくカーブを描いた状態でフォールしていきます。

そのため探れる範囲が広くなるのと、フォール中のアタリが分かりやすくなるというメリットがあります。

堤防での鯛ラバで釣れる魚

鯛ラバでは真鯛以外の魚が釣れることも多いですよね。

堤防からの鯛ラバで釣れる可能性があるのは、以下に記載されている魚などです。

・アジ
・サバ
・カサゴ
・メバル
・ヒラメ
・マゴチ
・太刀魚
・スズキ(シーバス)
・キジハタ(アコウ)
・青物

鯛ラバではあまりにも小さい魚だと釣りにくいですが、いろんな魚を釣ることが出来ます。

ポイントによっては、堤防から鯛ラバをしてみるのも面白いしオススメです。

スポンサーリンク