鯛ラバでは穂先が柔軟な方が食い込みがいいので、鯛ラバをする際には専用のロッドがあった方がいいです。

ですがまだ鯛ラバの経験がほとんどない初心者の場合は、どのような鯛ラバロッドを選ぶのがオススメなのかかなり迷うかと思います。

なのでこの記事では、初心者が入門用に選ぶのに一番オススメの鯛ラバロッドや、価格が安いものでオススメの鯛ラバロッドについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

初心者に一番オススメの鯛ラバロッド

タイラバ ロッド 紅牙X 69XHB(ダイワ)

ダイワ(Daiwa) タイラバ ロッド 紅牙X 69XHB

全長:206cm
標準自重:128g
継数:2ピース
適合ルアー重量:60g~150g
適合PEライン:0.6号~1.5号

私が初心者に一番オススメする鯛ラバロッドは、ダイワの「タイラバ ロッド 紅牙X 69XHB」です。
紅牙はダイワのマダイ専用シリーズで、その中でも「タイラバ ロッド 紅牙X 69XHB」は価格が抑えられたコストパフォーマンスが良い鯛ラバロッドとなっています。
穂先部にはカーボンソリッドが採用されているため、柔軟で食い込み性能にも優れています。
また、ブレーディングXという目に見えないロッドのネジレを抑制する強化構造も採用されているため、バットパワーもあり大物がきてもしっかりとリフトすることが出来ます。。
鯛ラバの重量も60g~150gまで対応しているので、早潮やディープエリアでの鯛ラバにも問題なく使うことが出来ます。
それにロッド自体がとても軽いので、他の重たいロッドに比べると鯛ラバを長時間しても疲れにくいロッドでもあります。
鯛ラバロッドの中では価格はかなり安いのですが、サブロッドにしておくにはもったいないぐらいの性能がある鯛ラバロッドです。

コストパフォーマンスが高い鯛ラバロッドで初心者にオススメのもの

炎月 BB 鯛ラバ B69M-S 6.9フィート(シマノ)

シマノ ベイトロッド 炎月 BB 鯛ラバ B69M-S 6.9フィート

全長:6.9フィート(約206cm)
標準自重:95g
継数:2ピース
適合ルアー重量:30g~100g
適合PEライン:MAX1.0号

シマノの鯛ラバロッドの中でも「炎月 BB 鯛ラバ B69M-S 6.9フィート」は価格が安く、コストパフォーマンスが高い鯛ラバロッドです。
魚のアタリをハジきにくくなっているので、フッキング率も高く魚をバラシにくいです。
また、クッション性に優れた設計となっているため、安定した等速巻きをしやすくなっています。
それにロッド自体もかなり軽いので、鯛ラバを長時間しても疲れにくいロッドだと言えます。
しかし適合する鯛ラバの重量が30g~100gとなっているので、早潮やディップエリアでの鯛ラバにはあまり向いていません。
それと適合PEラインがMAX1.0号なので、1.0号以上のPEラインを使うことは出来ません。
大物が定期的に釣れる海域では1.0号以上のPEラインを使ったりもするので、そういった場合は他の鯛ラバロッドにした方がいいかもしれません。
ですが上位機種と比べても遜色がないぐらいの性能があるので、適合する重量やPEラインに問題がなければかなりオススメの鯛ラバロッドです。

価格が安い鯛ラバロッドで初心者にオススメのもの

カブラバ真鯛 190ML KRM190ML(プロックス)

プロックス カブラバ真鯛 190ML KRM190ML

全長:190cm
標準自重:176g
継数:2ピース
適合ルアー重量:40g~180g

とにかく価格が安い鯛ラバロッドが欲しいという場合は、「カブラバ真鯛 190ML KRM190ML」がオススメです。
鯛ラバ専用ロッドの中ではかなり価格が安いので、初心者が入門用に購入したりサブロッドにするのもいいでしょう。
せっかく鯛ラバ専用ロッドを購入しても鯛ラバをしに行く機会自体が少ないのであれば、あまり高いロッドを購入するのももったいない気がするかもしれませんね。
ですが「カブラバ真鯛 190ML KRM190ML」なら価格も安いし、鯛ラバで魚を釣るのに必要な性能も十分に備えています。
穂先部にはソリッドディップが採用されているため食い込みも良く、バラシを軽減するバットテーパーも実現しています。
適合する重量に関しても40g~180gまで対応となっているので、ディープエリアでの鯛ラバなどどんなポイントでも使える凡庸性の高いロッドとなっています。


ソルパラ タイラバモデル SPJ-B66ML/TR 6.6フィート(メジャークラフト)

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド ソルパラ タイラバモデル SPJ-B66ML/TR 6.6フィート

全長:6.6フィート(約198cm)
継数:1ピース
適合ルアー重量:MAX100g
適合PEライン:0.6号~1.2号

鯛ラバロッドの中では比較的価格も安く、初心者の鯛ラバ入門用やサブロッドとしてオススメのロッドです。
60g~80gの鯛ラバをメインで使うのに適したモデルとなっていて、ルアー荷重のMAXは100gまでとなっています。
そのため100g以上の鯛ラバを使う、早潮やディープエリアでの鯛ラバにはあまり向いていません。
しかしディップは柔軟でバットパワーもあるので、鯛ラバに必要な性能はしっかりと揃っています。

まとめ

鯛ラバではロッドが硬いとアタリをハジきやすいので、フッキング率も悪くなってしまいます。

なので鯛ラバをする際は、出来るだけ鯛ラバ専用のロッドを使うようにした方がいいです。

鯛ラバロッドの選び方ですが、初心者の場合はとりあえず価格が安いロッドを選ぶのもいいかと思います。

後になって上位機種の鯛ラバロッドを購入したとしても、初めに買った鯛ラバロッドはサブロッドとして使うことも出来るからです。

鯛ラバではロッドを2本持っていると、ネクタイを交換する手間がはぶけたりしてとても便利です。

それに価格の安い鯛ラバロッドでも、魚を釣り上げる性能は十分にあります。

スポンサーリンク