太刀魚の釣り方で人気のワインド釣法ですが、強力な波動を生み出すためとてもアピール力が高いというのも特徴です。

ワインド釣法の強力な波動に誘われると、低活性の魚でも一気に捕食スイッチが入ると言われています。

そのため魚の活性にあまり左右されないで釣ることが出来るので、釣果の方も比較的安定しやすいです。

しかしワインド釣法をしたことがないという場合は、どうやってロッドを動かせばいいのか分からないと思います。

なのでワインド釣法の基本となるロッドの動かし方や、必要な仕掛けについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ワインド釣法とは?

ワインド釣法では、ワインド専用のヘッドやワームなどの仕掛けを使います。

そしてロッドをテンポよく上下に動かして、しゃくることによって仕掛けを左右にダートさせます。

その左右にダートさせる動きで魚を誘う釣り方が、ワインド釣法と呼ばれるものです。

ロッドをしゃくって仕掛けを左右にダートさせる動きは、かなり強力な波動を生み出します。

その強力な波動で誘われると、低活性の魚でも一気に捕食スイッチが入って食いついてきてしまうようです。

そのため、ワインド釣法の魚へのアピール力は他の釣り方と比べてもかなり高いと言えます。

ワインド釣法で釣れる魚は?

ワインド釣法というと、対象魚は太刀魚というイメージが強いかもしれません。

ですがワインド釣法では、太刀魚の他にもいろんな種類の魚を釣ることが出来ます。

例えばチヌ、シーバス、サワラ、ヒラメ、マゴチ、キジハタ、シイラ、青物などもワインド釣法で釣れてしまいます。

ルアー釣りのターゲットとなる魚なら、ほとんどなんでも釣れてしまうのがワインド釣法というものです。

スポンサーリンク

ワインド釣法のロッドの動かし方やコツ

まずワインド釣法をする時のドラグ設定ですが、しゃくる時にジジッと音を立てて少しラインが出るぐらい緩めにしておくのがコツです。

基本的なことですが、ワームをしっかりと真っ直ぐにセットするということも重要です。

ワームが真っ直ぐにセットされていないと、しゃくった時に仕掛けが上手いこと左右にダートしません。

なので、ワームは必ず真っ直ぐセットするようにしましょう。

それと、アシストフックも必ず付けるようにした方がいいです。

実際に太刀魚などの魚は、アシストフックばかりにしかフッキングしないこともよくあります。

そのためアシストフックを付けているか付けていないかで、釣果にかなりの差が出ることも珍しくありません。

準備が整ったら仕掛けを投げて、狙う層まで一旦沈めます。

後はロッドを上下に動かして、テンポよくしゃくり続けます。

ロッドをしゃくることによって仕掛けが左右にダートして、強力な波動を生み出します。

その仕掛けを左右にダートさせる動きや、強力な波動で魚を誘うのがワインド釣法の釣り方です。

ロッドの動かし方は文章だけでは分かりにくいかもしれないですが、以下の動画を見るとかなり分かりやすいかと思います。

ワインド釣法に必要な仕掛け

ロッド

ワインド釣法ではロッドをしゃくり続ける必要があるので、少し硬めのロッドの方が向いています。
他の硬めのロッドで代用出来ないこともないですが、専用のロッドが1つでもあれば便利です。
メジャークラフトなどでは比較的安価なワインドロッドもあるので、余裕があれば検討してみるのもいいかもしれません。

メジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド 3代目 クロステージ 太刀魚ワインド CRX-862MW 8.6フィート

ライン

太刀魚釣りでワインド釣法をする場合は、PEラインは0.8号ぐらいを使うのがオススメです。
リーダーはナイロンラインよりもフロロカーボンの方が、切れのいいダートをさせるのには向いています。
太刀魚はもともと捕食が下手な魚だし、歯も鋭いのでラインを切られてしまうこともあります。
なので、心配ならワイヤーリーダーも一緒に使うようにするといいです。
しかしワイヤーリーダーを使うと食いが悪くなる場合もあるので、その点には注意が必要です。

がまかつ(Gamakatsu) リーダー EX II ショート ワイヤー 20cm 49号

ワインド

ワインド釣法では、ワインド専用の仕掛けを使う必要があります。
メジャークラフトのワインドスタートキットなら、夜光ヘッド、ワーム3色、アシストフック、ワイヤーリーダーなど、ワインド釣法をするのに必要な仕掛けが全て揃っています。
なので初心者の入門用としてはもちろん、上級者にもオススメのワインドセットとなっています。

メジャークラフト ルアー ワーム ジグパラ ワインド スタートセット 3色SET 夜光ヘッド+各色 3/8OZ (10g) JPW-SET

アシストフック

アシストフックを付けなくても釣れないことはないですが、やはりフッキング率は下がります。
なので、アシストフックは必ず付けるようにした方がいいです。
アシストフックを付けることで、確実に釣果は上がります。
樹脂キャップ式なので、フックに刺すだけで簡単に装着することが出来ます。

がまかつ(Gamakatsu) ワインドトレーラー ダブル21 2

まとめ

ワインド釣法は、初めてだとやり方が分からないという方も多いかと思います。

ですが低活性の魚でも強制的に捕食本能にスイッチが入ったりと、太刀魚はもちろん他の魚にもかなり効果的です。

なので始めのうちは少し練習をしたりして、是非ともマスターしておきたい太刀魚の釣り方の1つと言えそうです^^

スポンサーリンク